バナナダイエットはいつ食べるの?何本必要なのかと朝昼夜での効果の違いも

 

バナナダイエットはいつ食べるのが効果的なのか。

 

一日何本必要なのか朝昼夜での効果の違いってあるのかをご紹介したいと思います。

 

バナナダイエットの効果と評判(口コミ)は?

 

 

バナナダイエットはかなり以前からあるので一度は挑戦したことがある方も多いのではないでしょうか?

 

バナナ1本のカロリーは大体80~100kcalになります。

 

ご飯1膳は約160gでその際カロリーは269kcalと結構高いです。

 

バナナを2本食べても160kcalなので100kcal近く減らすことが出来ますね。

 

バナナだけを食べるバナナダイエットと違い、通常の食事はご飯だけではなくおかずも食べるので1食のカロリーを相当減らすことが出来ます。

 

1食600kcalに抑えたとしても1/10のカロリーで済みますからね。

 

バナナには脂肪燃焼に効果があるビタミンB群や便秘解消に効果のある食物繊維が豊富に含まれています。

 

また、むくみ解消の出来るカリウム、コレステロールの吸収を防ぐペクチンも豊富です。

 

そして、消化吸収にも優れています。胃腸がしっかり休まる時間があることで代謝が活発になるようです。

 

バナナは非常に腹持ちが良くヒスチジンという食欲抑制効果のある成分も含まれているので、ダイエットにありがちな空腹感も少なく済みます。

 

しかし、口コミでは効果に対して意見は賛否両論。「全く効果がなかった!」という方もいます。

 

でも、それはもしかしたらやり方が間違っている所為があるかもしれません。

 

実際に成功した人はどんなやり方をしていたの?と言うことでバナナダイエットを成功した方の評判を聞いてみました。

 

参考にされてみてくださいね。

 

<20代前半>

 

4ヶ月で7kg痩せました。一か月あたり大体2kgペースですが、リバウンドしていません。

 

そして、1食だけの置き換えなので大したストレスもなく健康的に痩せれました。

 

ただ、最初の1ヶ月は本当に効果があるの?と言う感じで体重が全然落ちませんでした。たまにサボり外食しちゃった所為もあると思いますが。

 

すぐに結果を求める方には厳しいと思いますが、コスパも低く手堅い難しくないダイエット方法だと思います。

 

便秘はすぐ解消しましたので便秘気味でお腹が張る方もおすすめかもしれません。

 

生バナナが良いとのことで、たまにヨーグルトや豆乳スムージーにして食べると飽きが来ません。

 

<30代前半>

 

今まで何度もダイエットにチャレンジしていましたが、食事制限ダイエットは辛くてすぐに辞めてしまうことが多かったです。

 

初めはよくわからず、テレビで以前「バナナを好きなだけ食べていい」と聞いたような気がして本数を気にせずたくさん食べていました。

 

でも、全然痩せなかったので改めてちゃんと調べてみると1食に付き「2本まで」と知り、今度はその調べた通りのやり方でしました。

 

すると、以前は全然痩せなかったのに徐々に体重が減って行きました。バナナは腹持ちもするので1食抜くくらいなら平気です。

 

とはいえ、昼や夜はちゃんと食べないとパワーが出なかったり、夜中に目が覚めて間食してしまうので朝に置き替えしています。

 

すると1ヶ月で4kg痩せました。

 

でも、最初の2週間くらいは1kg前後しか減りませんでしたので、長く続けるのがコツかもしれません。

 

3ステップ!頑張らないダイエット【ラクスラ】

 

バナナダイエットのやり方は?ダイエットに必要なバナナの本数は何本?

 

バナナダイエットは「置き換えダイエット」に当たります。

 

なので、やり方を簡単に説明すると「食事の代わりにバナナ1本と白湯を飲むダイエット」になります。

 

一回に食べるバナナの本数は1本から2本になります。

 

1食置き換えるなら1日1本もしくは2本が必要になるので、大体1房買うと5~6本付いているので3日程持ちます。

 

その際お供にする水分は常温水または白湯です。絶対ではありませんが、水道水よりはミネラルウォーターなんかが美容にもよいかもしれませんね。

 

次にバナナダイエット成功へのポイントを紹介します。

 

①よく噛んで食べる。

 

ダイエットの基本ですが一口を小さくし、その際出来るだけたくさん噛むようにしましょう。

 

たくさん噛むことで満腹中枢が刺激されてより満腹感が出ますよ。

 

②バナナの本数に気を付ける。

 

1日に4本以上摂取するとバナナに含まれるシュウ酸という成分が体内に増え「尿路結石」になる危険性が出てきます。

 

また、効果を期待して1日に1食以上のバナナダイエットはやめましょう。

 

他の食事はいつも通りにバランスよく摂ってください。栄養失調になり倒れてしまえば本末転倒です。

 

③バナナは基本「生」で食べる。

 

火入れをしてしまうと折角の脂肪分解酵素が壊れてなくなってしまいます。

 

バナナダイエットはいつ食べるのが効果的?

 

折角食事制限のダイエットをするなら、一番効果のある時間帯に食べたいものです。

 

朝昼晩どのタイミングでバナナを食べるのが一番ダイエットに効果的なんでしょうか?

 

バナナダイエットには有名な朝バナナダイエットと夜バナナダイエットがあります。

 

酵素+Wジンジャー+乳酸菌の3つの効果でダイエットサポート
【ラクスラ】

 

朝バナナダイエットの効果は?

 

朝バナナダイエットの目的は「太りにくい体質にすること」です。

 

なので、良質な睡眠を取ることも重要になってきます。早寝早起きを心がけましょう。寝不足は厳禁です!

 

気を付けた方がいいことは、朝は比較的少食な方が多いですが、昼や夜はモリモリカロリーの多いものを食べがちな方が多いですよね。

 

基本的に「朝」バナナダイエットをしている方は昼夜に好きな食事をしていいことになっていますが、カロリーオーバーには気を付けましょう。

 

朝バナナダイエットのメリットはダイエット効果だけではなく、便秘解消もし、ポッコリお腹も解消されることです。

 

夜バナナダイエットの効果は?

 

夜バナナダイエットの目的は「脂肪の蓄積しやすい夜にカロリーを摂らない」と言うことです。

 

夜はカロリーが高いものを食べやすく、消費せずにそのまま寝てしまうのでどうしても脂肪を蓄積しやすくなってしまいます。

 

それをバナナに置き換えることで太らない体質にすることが出来るんですね。

 

また、夜バナナダイエットの成功の秘訣は18時以降は何も食べないということです。

 

バナナチップスダイエットについて

 

バナナチップスは味がとても濃縮されていて美味しいですよね。

 

油で揚げているためカロリーは高いですが、腹持ちがよく栄養素も濃縮されて摂ることが出来ます。

 

また、バナナチップスは硬いのでよく噛んで食べることになり、生バナナよりも満腹感を感じることが出来ます。

 

どうしてもお腹が空いた時の間食にも良いかもしれませんね。

 

豆乳バナナダイエットについて

 

近年、スムージーが流行っていたので美容のために飲んでいた方も多いのではないでしょうか?バナナのスムージーって作りやすいですよね。

 

特に豆乳と合わせると自然な甘みとまろやかな口当たりがハマります。バナナだけで飽きが出た時にたまに取り入れるとよいでしょう。

 

豆乳自体もたんぱく質にペプチド、レシチン、イソフラボンとダイエットに良い栄養素が豊富に含まれています。

 

もし、物足りなくなってきたら、ナッツ類を入れたり、豆腐を入れてもさらにドロリとした感じにすると満腹感も高くなりますよ。

 

3つの効果でダイエットサポート
【ラクスラ】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です