甘酒ダイエットは市販品でいいの?飲み方や量とそのやり方も紹介! 

食べ物ダイエット

美容と健康で女性に大人気の「甘酒」!今回は甘酒ダイエットを紹介したいと思います。

 

甘酒ダイエットに使用する甘酒は市販品でいいのか?飲み方や量とそのやり方もご紹介したいと思います。

 

甘酒ダイエットのやり方は?

 

「飲む点滴」とも呼ばれ、美容健康にも良い甘酒。実はダイエット効果もあるって知っていましたか?

 

肥満体型の人であれば、月に5kg痩せた実績もありますよ!

 

昔ながらの「酒粕甘酒」はもちろん最近ではもっぱらノンアルコールの「米麹甘酒」が流行っていますね。

 

ダイエットに最適なのは酒粕の甘酒よりも米麹の甘酒の方です。

 

何故なら酒粕の甘酒には酒粕の風味を和らげて飲みやすくするために大量の砂糖が入っています。

 

また、アルコールが数%程度ですが入っているために外出前に飲んだりすることは出来ません。

 

米麹の甘酒は砂糖不使用で米と米麹を醗酵させて作っています。なので、自然な甘さを感じますが、それは米と米麹が発酵した味です。

 

次に甘酒がダイエット効果があるとされる点は次の4点があげられます。

 

1、ブドウ糖が血糖値を上げ、満腹感が得られて間食を減らすことが出来ます。

 

2、オリゴ糖を含み、醗酵食品、食物繊維ということもあり、整腸作用や便秘解消などが期待出来るのでポッコリお腹が解消できます。

 

3、甘酒にたっぷり含まれているビタミンB群は脂肪燃焼を促進し、代謝を助け脂肪を蓄積しないように抑制することが出来ます。

 

4、必須アミノ酸が9種類全てを含んでいるため、脂肪燃焼酵素を増やして脂肪分解を助けることが出来ますし、水分代謝を良くしむくみも解消します。

 

その他、美容効果として美白、美肌、アンチエイジング、美髪にも効果があります。健康にも良く滋養強壮や疲れにくい身体にしてくれます。

 

冬に温かくして飲むイメージの甘酒ですが、昔は夏場に夏バテしないように飲んでいたくらいなんですよ。

 

甘酒は市販品でいいの?おすすめはある?

 

甘酒は手作りだと砂糖などを調節することも出来ますし、冷蔵庫保存で10日程持つのでおすすめですが、もちろん市販品でも構いません。

 

市販品の甘酒で有名なのは昔ながらの「森永の甘酒」や「大関甘酒カップ」がありますが、こちらは酒粕の甘酒です。

 

先程も書きましたがダイエットに向いている甘酒は米麹の甘酒です。今回、市販のおすすめの米麹甘酒を紹介します。

 

1、マルコメ株式会社の『プラス糀 米糀からつくった甘酒』

 

 

最近、よく見かける甘酒ではないでしょうか?

 

スーパーでも売っていて比較的入手しやすく「甘酒ダイエットを始めたい!」と思った時にすぐに購入し始められる甘酒です。

 

125mlの1回で飲みきれるサイズのものから1ℓタイプのものもあります。

 

柚子や豆乳ブレンドもありますし、ゼリータイプのものやフリーズドライのものあります。

 

なので、飲みやすいですし、使い勝手も良いです。

 

飲みきりサイズの方だと飲み口の紙さえ剥がせばそのままレンジで温めて飲むことも出来ます。

 

公式サイトでも「赤ちゃんも安心して飲める」とうたっているので安心なのは間違いないです!

 

2、株式会社篠崎『国菊あまざけ』

 

 

 

甘酒初心者でも飲むことが出来る自然な甘さでとろみも少なくクセのない飲みやすい甘酒です。

 

国産米100%で米と米麹のみで作られています。

 

黒米を使ったものや発芽玄米を使ったものなど味の違いもあり、色々な味が楽しめます。

 

3、セラフィック春貴『和のヨーグルト 玄米甘酒』

 

 

 

米麹甘酒がダイエットにおすすめですが、実は玄米の米麹甘酒の方がもっとおすすめなんですね。

 

白米よりも玄米の方が栄養価も高いということはみなさん知っていらっしゃると思いますが、そうゆうことです。

 

甘酒になっても一緒です。

 

こちらは農薬不使用の国産米のみを使用した安心して飲むことが出来る甘酒です。薄めて飲むタイプなので、料理に使ったり、豆乳などに割って飲んでも美味しいです。

 

コクのある甘みとまろやかさが癖になる味ですよ。

 

甘酒の飲み方(タイミング)と飲む量は?

 

甘酒を飲むタイミングはずばり「朝」が効果的です。朝ごはんの代わりに甘酒を1杯飲みましょう。

 

また冷たいよりも温かい方が身体を温めるので良いです。

 

ただし、注意ポイントは温め過ぎないことです。甘酒は熱に弱い性質を持っています。

 

温度は60度に保ち沸騰させないように温めましょう。

 

他の栄養素も麹菌が生きた状態であることで美容もダイエット効果も高めることが出来ます。

 

朝食の際に飲む場合はコップ1杯程度、間食の際にはおちょこで1杯程度に抑えていきましょう。

 

甘酒は100ml当たりカロリーは80kcal前後あります。

 

自分で作る場合も砂糖の量を調節出来るのでおすすめですが、たくさん飲むのは逆効果です。

 

また、寝る前に飲む場合は、興奮状態を鎮めストレスを抑えたり、美容や疲労に効果がありますが、ダイエット効果は見込めないと考えた方が良さそうです。

 

甘酒ダイエットで痩せた人はいる?

 

<20代前半>

 

朝食の代わりに飲むのがよいと聞いていたので朝食代わりに甘酒を飲んでいます。2週間で2kg痩せました。

 

他の食事制限ダイエットよりも腹持ちもよく辛い感じはありませんでした。空腹時にも間食をせずに甘酒を少量飲むようにしています。

 

私は甘酒を自分で作りました。自分で作ると甘さも調節出来るので余計な物が入っておらずよいと思います。

 

砂糖が入っていないビターのココアを入れても美味しいですし、カフェでトマトジュースと割ったものもあったので、それもたまに取り入れました。

 

以外に合うんですよね。温かい方が空腹も紛れるし、身体に良い栄養素が巡っているなと感じるので温かくして飲んでいます。

 

プラスaの効果として、お通じが良くなったように思いますし、肌の調子も良くなった気がします。

 

<30代前半>

 

私は毎朝、甘酒を豆乳で割って飲んでいます。すごく美味しいので、飲み過ぎないように気を付けています。

 

満腹感もあり、昼までお腹が空きませんし、甘いので間食したい気持ちも抑えられました。

 

たまにですが、ご褒美の気持ちでバナナスムージーにして飲むこともあります。

 

以前糖質制限ダイエットをした際には、何とも言えない臭いが身体から発せられて、何だろう?と調べると「ケトン臭」という臭いでした。

 

甘酒は食事制限するものの米麹であればお米なので糖質制限ではありません。

 

なので、そうゆう臭いが発せられることもなく美容にも健康にもよく痩せられて良いと思いました。

 

とはいえ、急激に痩せるようなものではないので1ヶ月で2、3kgくらいでしょうか。甘酒が好きな方にはおすすめしたいです。

 

豆乳を混ぜると効果がアップする?

 

甘酒ラテはとてもおすすめです!とても美味しいです!!今、「甘酒スイーツ」として甘酒ラテの需要が急上昇中です。

 

ラテというだけあり、本来「甘酒ラテ」として販売されているものは、“ミルク”つまり牛乳と割っています。

 

しかし、脂肪分の多い牛乳で割るのはダイエット中を考えるとちょっと厳しいですよね。なので、脂肪分も低く、美容効果の高い豆乳はおすすめです。

 

また、味自体もまろやかになるため甘酒の風味が苦手な方にも比較的飲みやすくなるメリットもあります。

 

豆乳には「イソフラボン」が含まれていますので、女性ホルモンに似た作用も期待できますし、美肌にも良いですよ。

コメント